みんなでのんびりDays♪

自分だけではもったいない、日々の生活で気になることをまとめた記録帳

カビ掃除

スーツに生えたカビ取り方法 自宅とクリーニングの違い カビ予防と対策

2018/01/29

こんにちは。

久しぶりに着る予定がありスーツを出したら白いカビが・・なんてことがありますよね。

でもまだ諦める必要はありません。

自宅で落とせるかクリーニング店に頼むか、カビの状態をみながら考えていきましょう。

今回は、大事なスーツにカビが生えたときの対処法をみていきたいと思います。

スポンサーリンク

スーツのカビ取りの仕方!自宅でキレイにする方法

時間がないのでとりあえずキレイにしたいときの方法です。

スーツに生えているカビが白カビで広範囲でないなら、こちらの方法がおすすめですよ。

水だけでカビを取る方法 ポイント
固く絞った布でカビを拭きとる ・こすると繊維の奥にカビが入っていくので、表面を拭きとるように拭く。
日干し、又は陰干し ・素材によって干し方が違うので、タグの注意書きにそって干す。
アイロンをかける ・熱で殺菌する。

・アイロンでテカリが出るものはあて布をする。アイロンを生地から1センチほど浮かしてかけるのもおすすめ。

これでだいぶ目立たなくなりますが繊維の奥にはまだカビがいますので、着用し終わったらクリーニングに出しておくと安心ですね。

 

水だけでなくアルコールを使って、もう少ししっかりカビ取りをするならこちらです。

アルコールを使ったカビ取り法 ポイント
消毒用エタノールを染み込ませた布で拭く ・初めに目立たないところにエタノールをつけて、変色などしないか確認しておくと安心。

・こすらないように表面のカビを拭く。

乾いた布で拭く ・カビを拭きとる。
日干し、又は陰干し ・素材によって干し方が違うので、タグの注意書きにそって干す。
アイロンをかける ・熱で殺菌する。

・布のテカリに気をつける。

アルコールを使うことでカビの色や臭いがだいぶ取れるはずです。

それでも、まだカビが目立って着るのは恥ずかしい・・なんて時はもうクリーニングをお願いしましょう。

スーツのカビ取りはクリーニングが必要?費用は?

クリーニングに出すと気になるのが、かかる日数と料金ですよね。

カビの程度 クリーニングの種類 かかる日数 料金
少量のカビ 普通のクリーニング(ドライクリーニング)で落ちることも。 ・1日〜3日位。チェーン店だと、10時までに出して夕方6時仕上がりなども。 ・1000円〜2000円ぐらい。
しっかり生えたカビ カビ取りクリーニング(ウェットクリーニング) ・1週間ぐらいかかるところが多い。

・クリーニング店によって違うので電話で確認しておくと安心。

・2000円〜4000円ぐらい。

近くのクリーニング店を通りかかった時に確認しておくと、いざというとき慌てなくておすすめです。

 

スポンサーリンク

スーツにカビが生えないようにする予防と対策

一度スーツにカビが生えてしまうと、また生えやすくなります。

これを機会に、カビが生えにくい生活に変えていきましょう(^^)

 

カビを予防する方法 ポイント
換気をする ・部屋の窓を開けて毎日換気する。

・時々は押し入れやクローゼットのドアも開けて、換気をして湿気を取る。

収納場所に除湿剤を置く ・除湿シートや炭などを置いて湿気を取る。
シミや汚れは落としてからしまう ・カビの栄養になるのでそのまましまうと危険。
クリーニングのビニールは外してしまう ・ビニールの袋の中は通気性が悪いのでカビが生えやすい。袋を取って30分ほどかけてからしまう。
洗濯物の部屋干しをしない ・部屋の中の湿気が増えてしまう。どうしても部屋干しする時は、換気扇やエアコンのドライなどを使って除湿に気をつける。
ゆとりを持って収納する ・ぎゅうぎゅうに詰め込むと風が通らずカビや虫がつきやすくなる。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

こまめに換気をするだけでも、カビにくくなってくるのでおすすめです。

押し入れやタンスの換気方法なら、よかったらこちらもどうぞ。

スポンサーリンク

-カビ掃除
-