みんなでのんびりDays♪

自分だけではもったいない、日々の生活で気になることをまとめた記録帳

カビ掃除

鞄のカビ取りの仕方 ナイロンや布のカバンが元どうりに 革はこうする!

2018/01/29

こんにちは。

そろそろ使おうと押し入れから出してみたら、カバンにカビが生えていた!

クリーニングに出している暇はないので、なんとか早くカビを取りたい・・。

そんなときに役に立つ、すぐにカビを摂る方法ををまとめていきたいと思います。

少しでも参考になるとうれしいです(^^)

 

スポンサーリンク

時間がないときの鞄のカビ取り!ナイロン製バッグには

とにかく時間がないけど、早くカビを取りたいときの方法です。

カビはアレルギーを引き起こすこともあるので、吸い込まないようマスクやゴム手袋があると安心です。

カビ取りの応急処置!

鞄をすぐ使いたいときのカビ取り法です。

一時的にキレイにするだけなので、帰ってきたらきちんと洗ってくださいね。

カビの応急処置  ポイント
アルコールの除菌シートで拭く  ・カビの部分を丁寧に拭いて、カビを取る。

・カビの胞子が飛ぶので、あればマスクをする。

ドライヤーで乾かす  ・熱風は変形する恐れがあるので、送風で乾かす。

 

早くカビを取る方法

明日使う予定がある!なんて時におすすめです。

 ナイロン製のカビを取る方法  ポイント
 1  カビが生えている部分に「消毒用エタノール」をかける  ・消毒用エタノール(アルコール)で変色するものもあるので、カバンの底など目立たない部分に先につけて確認すると安心。

・消毒用エタノールは引火性があるので、コンロやコンセントの近くでは使わないように注意。

・揮発性があるので部屋の窓を開けて換気をしながら行う。

 2  固く絞った雑巾でカビの部分を叩いてこすり取る  ・表面のカビをこすり取る。
 3  洗えるものは洗濯機で洗う ・手洗いでもOK。洗えないものは洗わなくても大丈夫。
 4  天日で干す

干してる時間がない時はドライヤーで乾かす

・天日干しの殺菌作用でカビを退治する。(カビの根はなかなか取れないので、時間があるときによく天日干しする。)

・「日陰干しで」など注意書きがある場合は日陰に干す。

・ ドライヤーの熱風は、ナイロンが変形する可能性があるので注意。温風や送風で乾かしていく。

すぐ使いたい時は洗って乾かす暇がないので、カビの部分だけ消毒してこすり取り乾燥させましょう。

 

もう少し時間があるときのカビ取り法

2,3日時間があるなら、こちらもおすすめです。

 ナイロン製のカビ取り法
 1  酸素系漂白剤(「ワイドハイター」など)を溶かしたぬるま湯に、浸けて置く  ・「塩素系漂白剤」はナイロンに使うと変色してしまうので使わないよう注意。

・いきなり洗濯機に入れてしまうとカビの胞子が洗濯機についてしまうので、必ず洗面器やバケツなどにつけ置きする。

 2 もみ洗い  ・よくすすぐ。
 3  天日干し  ・天日で殺菌する。

 

スポンサーリンク

鞄のカビ取り!布のカバンについたカビはとれる?

布についたカビの対処法も、ナイロンとほとんど同じになります。

 布についたカビ取り法
  カビが生えている部分に「消毒用エタノール」をかける  ・塩素系漂白剤は変色するので注意。
  固く絞った雑巾でカビの部分を叩いてこすり取る  ・表面のカビを取る。
 洗濯機で洗う  ・よくすすぐ。
 天日干し

ドライヤーで乾かす

・よく乾燥させる。

・生乾きのときにアイロンで乾かして殺菌するのもおすすめ。

 

革の鞄のカビ取り方法はこれだ!

革はもともと生き物なので、自然とカビが生えてくることが多いですね。

なので普段からカビ予防をしておくのが一番おすすめです。

 

革の鞄のカビを早く取る方法

カビが少ししかない時は、こちらがおすすめです。

 革のカビ取り法 ポイント
 固く絞った布切でカビを拭きとる  ・カビの部分だけを叩いてこすり取る
 天日や日陰で干す ・よく乾燥させる。
革用の保湿クリームで表面を拭く ・しっかりと拭きあげる。

 

もう少ししっかりカビ取りをするならこちら。

 革のカビ取り法2  ポイント
  「消毒用エタノール」を布などに含ませて拭く  ・塩素系漂白剤は変色するので注意。目立たないところで試すと安心。

・優しく叩くようにカビを取る。

・細かいところは、綿棒や古歯ブラシなどを使って取る。

  天日や日陰で干す ・よく乾燥させる。
 革クリームで表面を拭く  ・しっかりと拭きあげる。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

よほどひどいカビでないなら、すぐにあきらめなくても大丈夫ですよ!

カビが取れてキレイになった後は、またカビないように予防をしましょう。

鞄のカビ予防方法はこちらです。

スポンサーリンク

-カビ掃除
-