みんなでのんびりDays♪

自分だけではもったいない、日々の生活で気になることをまとめた記録帳

くせ毛

くせ毛をヘアアイロンでまっすぐに 必要な温度とアイロンのかけ方 コツ

2018/01/29

こんにちは。

今回は、くせ毛をヘアアイロンでまっすぐにする方法をみていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

くせ毛をヘアアイロンで伸ばす!まっすぐになる温度とは

ストレートヘアアイロンは、高熱を与えて一時的に髪をまっすぐにします。

アイロンの温度が低すぎるとまっすぐに伸びないし、高過ぎると髪が傷んでしまいます。

なので美容師さんに聞くと、170℃が一番いい温度だそうです。

 

くせ毛にはストレートヘアアイロンが効果的!傷まないかけ方は?

髪をキレイにまっすぐにするには、正しい使い方があります。

ヘアアイロンの使い方

1、髪をしっかりとドライヤーで乾かす

2、クシでとかして髪の流れを整える

3、髪を少しずつヘアアイロンではさんで伸ばす

4、仕上げにドライヤーの冷風を当てると、伸ばしたストレートが定着しやすくなる

 

スポンサーリンク

くせ毛を治す、ヘアアイロンの使い方のコツとは?

髪がまっすぐになるとても便利な道具ですが、使い方をまちがうと髪がどんどん傷んでしまいます。

傷んだ髪は切れやすくなり、パサパサの髪はスタイリングがしにくくセットが決まらなくなってきます。

使い方のコツをつかんで、キレイなストレートヘアになってくださいね。

アイロンのコツ ポイント
髪を乾かしてからアイロンを使う 濡れている髪にあてると髪が傷むことがある。
洗い流さないトリートメントを使う トリートメントをつけておくと、髪の傷みを防ぐ効果がある。
スタイリング剤をつけてからアイロンをする 洗い流さないトリートメントをしない方は、ヘアアイロン用のスタイリング剤をつけてからアイロンするのがおすすめ。

髪を熱から守り、キレイにセットすることができます。

髪をとかしてからアイロンする 髪の流れを整えておくことで、髪がキレイに仕上がります。
同じ所を何度もアイロンしない あまり何度も同じ部分にあてると、髪が傷んで途中で切れてしまいます。
長い時間同じところにアイロンを当てない 長い時間同じところにアイロンしていると、髪が傷んで切れてしまいます。

クセが強くてしっかりまっすぐにしたいところは、一回にはさむ髪の量を少なくして、2秒間ほどしっかり挟んで伸ばすようにしましょう。

くせ毛が強い方は180℃にする クセが強すぎて170℃だとまっすぐにならない方も。

そんな方は、180℃ですばやくアイロンするのがおすすめです。

アイロンした後は保湿をする アイロンを使った後は髪の水分がなくなっています。

放おっておくとどんどん乾燥して髪が傷んでいくので、ヘアケア剤(ワックス・ヘアオイル・ヘアミルク・トリートメントなど)をつけてあげましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

あまりアイロンを当てすぎてしまうと、髪が傷んで余計広がってしまい、まとまりが悪くなってしまいます。

髪もやけどしてしまわないよう温度に気をつけて、キレイなストレートヘアになってくださいね(^^)。

スポンサーリンク

-くせ毛